EFTとは

EFT(Energy Freedom Technique) とは、あまり聞き馴染みのない心理療法かもしれませんが、エナジーサイコセラピーと呼ばれるジャンルの心理療法の1つで、セルフケアとして使える簡単なツールでもあります。

エネルギー心理学では、人間の複雑な感情を作り出す生命エネルギーを扱います。東洋医学でいうならば、「気の流れ」とか「気功」などのジャンルに近いイメージです。

「経絡」は、人体に必要な代謝物質、「気」だったり「血」だったり「水」の通り道として考え出されたツボの場所で、ツボに刺激を与える事で体のエネルギーの流れを整えているというものです。EFTでは、この経絡のツボを使い、タッピングをしながら感情の流れを整えていくというものです。いくつかのステップはありますが身体のツボをタップしていく簡単なテクニックなので、ご自身のセルフケアとしてもご利用いただけます。

EFTは、ネガティブな感情や感覚を解放するための簡単なツールとして使用されています。恐怖症やトラウマ体験など、本来根拠のない恐怖を持ってしまった方に対しては、劇的に効果があると言われています。

少し複雑な心理状態が絡まってお悩みを抱えている場合は、セラピストと一緒にその心理を紐解いていきながらEFTを使用していく事で、悩みを解消していく近道となることが非常に多いです。

EFTは、身体のツボをタッピングしていくだけの心理療法なので、副作用は全くありません。また必要以上にトラウマに暴露されたり、つらい体験を引き出さなくても利用できますので、安全な気持ちで行うことができます。